いつでも天然水を

なぜ今、人気なの?
お水の賞味期限
RO膜水のサーバー
故障してしまった時
手軽に美味しいお水
浄水器とどっちが得
サーバーの電気代
メンテナンス方法
放射能汚染対策
サーバーの衛生面
サーバーの解約金
設置場所・方法
音はうるさくない?
レンタルと買い取り
クチコミ情報
デザインを重視
バナジウム天然水
ペットボトルタイプ
リターナブル式
ワンウェイ式
一人暮らし向き
使用用途に合わせて
卓上型サーバー
天然水のサーバー
床置き型サーバー
海洋深層水
無料お試しの業者
赤ちゃんにも安心
配達エリアについて
非常事態に役立つ
口コミ

ウォーターサーバー本体のレンタルと買い取りについて

ウォーターサーバーには本体を購入するパターンとレンタルするパターンがあります。

本体を購入するメリットは、長期的に見た場合、費用が安くなり、毎月の費用が水の購入代金だけですみますが、サーバー本体の購入と言う大きな初期費用が掛かってしまいます。
また、購入式の場合、基本的にメンテナンスは自分で行う事になりますので、リターナブル式のウォーターサーバーの場合、衛生状態の維持に問題があるともいえます。
業者によるメンテナンスを受けることも可能ですが、その都度費用が発生してしまいます。

また、故障した際はメーカーに預け修理してもらう事になり、その間ウォーターサーバーを使用することが出来なくなるというデメリットもあります。
長期的使用によって月当たりの費用は安くなるというメリットがありますが、メンテナンスやトラブル時の対応においてのデメリットがあるといえます。

もちろん、業者によっては毎月の水の料金にメンテナンス料金が含まれていたり、故障時に代替のウォーターサーバーを貸してくれる場合もあるのでデメリットに関しては一概には言えないのです。
購入を検討している方は最初に確認しておくと良いでしょう。

レンタル式のメリットは月あたりの費用が一定で、故障時やトラブル時などは柔軟に対応してくれます。
故障した場合には代わりのサーバーを用意してくれますし、定期的なメンテナンス料金はレンタル料に含まれています。
ただ、長期的使用を考えた時、レンタル料の合計がサーバー本体の価格を超えてしまい、結果的に高くつくというデメリットがあります。

レンタル式ウォーターサーバーは、初期費用もあまりかからず、月当たりの費用が一定であり、トラブル時の対応も柔軟であるというメリットがあります。
ですが、長期的に見た場合、購入するのに比べて高くつくというデメリットが挙げられます。

購入式かレンタル式かを選べる業者もありますし、自分の使用方法に合わせて選ぶと良いでしょう。