いつでも天然水を

なぜ今、人気なの?
お水の賞味期限
RO膜水のサーバー
故障してしまった時
手軽に美味しいお水
浄水器とどっちが得
サーバーの電気代
メンテナンス方法
放射能汚染対策
サーバーの衛生面
サーバーの解約金
設置場所・方法
音はうるさくない?
レンタルと買い取り
クチコミ情報
デザインを重視
バナジウム天然水
ペットボトルタイプ
リターナブル式
ワンウェイ式
一人暮らし向き
使用用途に合わせて
卓上型サーバー
天然水のサーバー
床置き型サーバー
海洋深層水
無料お試しの業者
赤ちゃんにも安心
配達エリアについて
非常事態に役立つ
口コミ

ウォーターサーバーの解約金について

ウォーターサーバーの業者と契約している場合、使用を止める時には解約する必要があります。
水の購入をとめて入れも、レンタル料などが毎月かかるので、使用を止める場合はきちんと解約するようにしましょう。

解約に関して気になる事といえばやはり解約金についてでしょう。
解約金には幾つかのパターンがあります。

一つは変動式です。
これは使用期間に伴い解約金の金額が変動するものです。

例えば、契約後半年で解約した場合、解約金が1万円だったとして、2年使用したあとで解約した場合は5000円程、あるいは無料になっていたりと、使用期間が長ければ長いほど解約金は安くなっていきます。
業者によっては二年毎の契約で自動更新のものもあり、この場合は二年ごとに契約金の変動がリセットされますので、解約するタイミングをある程度考える必要があります。

もう一つが固定式です。
契約後半年で解約しても、三年後に解約しても解約金は一緒です。
ただ、これにはデメリットがあり、長く使っていたという店が優遇されないのです。
ただ、短い期間で解約する際は変動式よりもかなり安くなるといえます。

最後に解約金そのものが必要のない物です。
ただ、解約金が無料のものにはある程度制限が設けられている場合があり、最低2年以上契約継続が義務付けられており、それに満たない期間で解約した場合は違約金が発生するという事もあります。

これらの解約金については契約時に必ず確認しておくようにしましょう。

また、解約には解約金以外にも費用が掛かる場合があります。
レンタル式で契約している場合、解約に伴いサーバーを返却する必要があります。
サーバーを業者が無料で回収してくれる業者もあれば、顧客がサーバー輸送費を負担しなければならない業者もあります。

また、中にはサーバー修繕費が発生する業者も中にはあるようです。
この返却の際に発生する費用については解約金に含まれている場合もあります。

契約時に解約金についてと、レンタルの場合は返却の際の費用については必ず確認するようにしましょう。