いつでも天然水を

なぜ今、人気なの?
お水の賞味期限
RO膜水のサーバー
故障してしまった時
手軽に美味しいお水
浄水器とどっちが得
サーバーの電気代
メンテナンス方法
放射能汚染対策
サーバーの衛生面
サーバーの解約金
設置場所・方法
音はうるさくない?
レンタルと買い取り
クチコミ情報
デザインを重視
バナジウム天然水
ペットボトルタイプ
リターナブル式
ワンウェイ式
一人暮らし向き
使用用途に合わせて
卓上型サーバー
天然水のサーバー
床置き型サーバー
海洋深層水
無料お試しの業者
赤ちゃんにも安心
配達エリアについて
非常事態に役立つ
口コミ

配達エリアについて

ウォーターサーバー業者には対象となるエリアが存在します。
なぜわざわざ顧客を制限してしまうような事をしているのかというと、実はピザなどのデリバリーと理由は同じなのです。
対象範囲が広すぎると、サービスの質は落ちていってしまいます。
これは移動に伴うサービスに要する時間の圧迫になってしまいますし、迅速な対応も難しくなってしまいます。

ならばサービス拠点を増やせばよいのですが、そうなると人件費など諸費用が掛かってしまうので、それがそのままサービス価格に反映されてしまいます。
つまり価格が高くなってしまうという事です。

つまり、配達エリアやサービス対象エリアが設定してあるのは安く、高品質のサービスを確実に保証するためなのです。
ピザデリバリーが暖かい内に商品を届ける為にサービス範囲を設けているのと同じといえますね。

また、水源の関係もあります。
水は採取した瞬間から劣化が始まります。
劣化対策は十分にされていますが、やはり新鮮な水を早く提供するのが理想と言えます。
そのため、水源地とサービス内容の維持の二つの関係で配達エリアなどが設定されているのです。

フランチャイズ展開しているウォーターサーバー業者もあり、こういった業者は広い範囲をカバーしており、全国各地にサービス拠点を設けています。
人口の多い都心部ほど選択できる業者が多く、都心部から離れるにつれて選択業者はすくなって行きますが、それでも全国あらゆるところに対応しているウォーターサーバー業者があるのはとても良いことだといえます。

ただ、サービス範囲の広いフランチャイズ展開しているウォーターサーバー業者は、サービス拠点ごとにサービスに差がある場合があります。
極端な例として、○県を担当しているサービス拠点はメンテナンス料金が無料だが、△県を担当しているサービス拠点はメンテナンス料金が必要になるといった、違いが出てきます。
この違いはコストを抑えつつサービス対応エリアを拡大する為には仕方が無い事ですが、契約前にサービス内容を確認するようにしましょう。