いつでも天然水を

なぜ今、人気なの?
お水の賞味期限
RO膜水のサーバー
故障してしまった時
手軽に美味しいお水
浄水器とどっちが得
サーバーの電気代
メンテナンス方法
放射能汚染対策
サーバーの衛生面
サーバーの解約金
設置場所・方法
音はうるさくない?
レンタルと買い取り
クチコミ情報
デザインを重視
バナジウム天然水
ペットボトルタイプ
リターナブル式
ワンウェイ式
一人暮らし向き
使用用途に合わせて
卓上型サーバー
天然水のサーバー
床置き型サーバー
海洋深層水
無料お試しの業者
赤ちゃんにも安心
配達エリアについて
非常事態に役立つ
口コミ

ウォーターサーバーにかかる電気代

ウォーターサーバーを導入しようか考えている時に考えるのが費用についてですね。
ミネラルウォーターをお店で買う場合などと比較して、
ウォーターサーバーを選ぶ人も多いですが、このウォーターサーバーの電気代も気になる人は多いでしょう。

毎月どれくらいの電気代がかかるのでしょうか?

ウォーターサーバーは常に水が供給できる状態で待機しているので、24時間常に稼動しているという事になります。
サイズやタイプによって多少の差はありますが、一ヶ月当りの電気代は1000円前後が平均です。

安いのか高いのかわからない・・・と言う人の為に比較対象を用意してみます。
電気温水器は常に暖かいお湯をいつでも使用できるように待機してある状態で、メーカーによる差もありますがこちらは一ヶ月当り平均800円~900円ほどです。

では温水器の方が安く済むのかといえばけっしてそうではありません。
電気代だけでみればウォーターサーバーの方が掛かってしまう場合がありますが、ウォーターサーバーには冷水と温水を常時待機させているという利便性と、お店で購入するよりも水を安く入手できるというメリットがあります。
それらを踏まえたトータルでのコストパフォーマンスから見てみたら、やはりウォーターサーバーは非常にコストパフォーマンスに優れているといえるのです。
また、卓上の小型のものではさらに電気代は抑えられますし、機能や利便性に対して電気代は安いともいえますね。

ただ、環境の温度によって少し差が出ます。
温水冷水で設定されている温度に近ければ電気代は安く抑えられますが、遠ければその分消費電力も増えてしまいます。
つまり季節によって多少電気代に差がでるといえるのです。

ウォーターサーバーの中には温水冷水が両方常時待機状態になっているものと同じ給水口になっており、温水冷水を切り替える物があります。
この場合は両方待機させているサーバーのほうが電気代は掛かりますし、切り替え式の物は水を冷やすか温めるかどちらかにだけ電気が消費される為、電気代は比較的安く抑えることが出来ます。