いつでも天然水を

なぜ今、人気なの?
お水の賞味期限
RO膜水のサーバー
故障してしまった時
手軽に美味しいお水
浄水器とどっちが得
サーバーの電気代
メンテナンス方法
放射能汚染対策
サーバーの衛生面
サーバーの解約金
設置場所・方法
音はうるさくない?
レンタルと買い取り
クチコミ情報
デザインを重視
バナジウム天然水
ペットボトルタイプ
リターナブル式
ワンウェイ式
一人暮らし向き
使用用途に合わせて
卓上型サーバー
天然水のサーバー
床置き型サーバー
海洋深層水
無料お試しの業者
赤ちゃんにも安心
配達エリアについて
非常事態に役立つ
口コミ

ウォーターサーバーの衛生面

近年、ありとあらゆるものに対する安全性が強く求められております。
日本の水道水は世界でも最高水準の安全性を誇っていますが、消毒や滅菌の為に使用される添加物に対しての安全性にも疑問がもたれております。
また、水道の構造的に、水道管に残った水に雑菌が増殖し、汚染される懸念もあります。
この添加物や雑菌の除去を目的としている浄水器もありますが、添加物を取りきるのは不可能であり、やはり添加物の入っていない天然水が求められています。

ウォーターサーバーはまさに、求められる安全性を満たした物といえます。
まず、ウォーターサーバーで使用される天然水は地価奥深くや深海から厳重な衛生管理の下外気に触れることなく採取されています。
ですので外気に含まれる有害物質などに汚染される心配がありませんし、定期的に自宅に配送されますので、常に新鮮な天然水を備えておく事ができるのもポイントです。

ウォーターサーバー自体の構造でも衛生面に考慮されています。
ペットボトルのミネラルウォーターの場合、一度に全てを使用するわけではありませんので、残りはペットボトルに密閉して保存ということになりますが、どうしても外気に触れてしまう為、雑菌や塵などが混入しやすく、せっかくの安全な水が汚染されてしまいます。

ウォーターサーバーはコップに注ぐ瞬間まで外気に触れることがありません。
出した分だけ容器が収縮しますのでつねに安全な水を飲む事ができるといえます。

また、ウォーターサーバーで使用される天然水には元々添加物が入れられておらず、浄水器と通した水道水とくらべて、格段に安全性が高いといえます。
天然水に元来含まれている物質についても添加物を使用することなく不要な物を浄化されていますのでその点でも安心です。

また、定期的にメンテナンスを行ってくれる業者もありますので、サーバー本体自体の衛生面も高いといえます。
このように、毎日飲む水だからこそこだわりたい安全性をしっかりと押さえてくれているのです。