いつでも天然水を

なぜ今、人気なの?
お水の賞味期限
RO膜水のサーバー
故障してしまった時
手軽に美味しいお水
浄水器とどっちが得
サーバーの電気代
メンテナンス方法
放射能汚染対策
サーバーの衛生面
サーバーの解約金
設置場所・方法
音はうるさくない?
レンタルと買い取り
クチコミ情報
デザインを重視
バナジウム天然水
ペットボトルタイプ
リターナブル式
ワンウェイ式
一人暮らし向き
使用用途に合わせて
卓上型サーバー
天然水のサーバー
床置き型サーバー
海洋深層水
無料お試しの業者
赤ちゃんにも安心
配達エリアについて
非常事態に役立つ
口コミ

ウォーターサーバーの水漏れについて

ここ2年近くRO水のウォーターサーバーを利用していますが1年ほど前に、一度だけ大量に水漏れを起こしたことがあり、結果としてサーバー自体を総交換してもらうことがありました。
水漏れの原因は、蛇口部分の部品の不良によるものということが判明しましたが、業者の計らいで、まったく新しいものに交換してもらうことになったのです。
壊れたのは、冷水の出るほうのバルブ部分で、押している時だけ水がでる仕組みになっているのですが、ここから徐々に水がもれ、下の水受けの皿を越えるほどもれてしまったため、床にこぼれ出ることになりました。
ちょうど家族中で外出している時に起きたため、床の広い面積が水浸しになりましたが、大きな被害には至らずに、サーバーだけ交換ということになりました。
やはりちょっと気をつけなくてはならないと思ったのは、蛇口部分が壊れてしまうと、最悪12リッターのボトルが一本分、放置しているとでてきてしまうということです。
一回にすべてが流れ出ないような安全弁のようなものがあるのかと思っていたのですが、少しずつ漏れてきてしまう場合には、通常に使用で水が減るのと同じように水が漏れてしまうことがはじめてわかりました。
業者からは、損害の補償の申し出もありましたが、結局専門の清掃会社が対応してくれることとなり、大きな問題にはならずに一件落着しています。
この事故以降、一応床に設置する際に、お盆のようなものの上に載せておくようにしていますが、やはり大量に漏れてしまう場合には、あまり意味がないため、故障は結構心配です。
業者によりますと、水漏れは滅多にないそうで、頻繁に起こるものではないということでしたが、どうやら中国製などのサーバーも多いようなので、完全に安心して利用できるものでもないということがとてもよくわかりました。
通常この手の商品を利用するときには、もっぱら水のクオリティのほうに気をとられたり、電力消費量のことに目が行き勝ちですが、サーバー自体のクオリティを気にする必要があると思います。
さすがにどこで生産されたサーバーなのかについては、設置前段階ではチェックすることはしませんでしたが、これからこの手のサービスを利用される方は、結構気にされてから導入されることをお奨めします。
マンションなどで水漏れが起きてしまったりしますと下の階を相手にして賠償責任を問われたりすることになりますから、それなりに深刻な事態も考えられます。
まさか洗濯機の設置場所のようなところにおくというわけにも行きませんので、設置場所についてもよく考える必要があると思います。
我が家の場合にはリビングダイニングの間ぐらいに置いていましたので、リビング直撃となってしまいました。
あまり大きな事故にはならずに済んだのが不幸中の幸いですが、お湯のほうが大量に漏れていたら、木の床がだいぶ破損していたのではないかと思います。
そういう意味では水のほうが壊れてよかったという感じです。
その後故障は一回も起きていませんが、これからも用心して使っていきたいと考えているところです。
すでに設置されていらっしゃる方も十分にお気をつけいただきたいと思います。