いつでも天然水を

なぜ今、人気なの?
お水の賞味期限
RO膜水のサーバー
故障してしまった時
手軽に美味しいお水
浄水器とどっちが得
サーバーの電気代
メンテナンス方法
放射能汚染対策
サーバーの衛生面
サーバーの解約金
設置場所・方法
音はうるさくない?
レンタルと買い取り
クチコミ情報
デザインを重視
バナジウム天然水
ペットボトルタイプ
リターナブル式
ワンウェイ式
一人暮らし向き
使用用途に合わせて
卓上型サーバー
天然水のサーバー
床置き型サーバー
海洋深層水
無料お試しの業者
赤ちゃんにも安心
配達エリアについて
非常事態に役立つ
口コミ

ウォーターサーバーの設置について

暑くなるとスーパーでペットボトルを購入するのが面倒になります。
私はインターネットで購入したりもしましたが、空ボトルの山にげんなりし、ウォーターサーバーを利用することに決めました。
ウォーターサーバーを設置したら、すごく楽ですよ。
まず、水を買いに行かなくても良いのがいいです。
また買いに行かなくちゃって思ったら、ちびちび飲んでしまいますが、もうじゃんじゃん飲んでも必要な時には配達してもらえますので気分が違います。
また冷たい水も温かいお湯もすぐに出すことが出来るので、料理や飲み物にも良い水を使うことが出来るようになりました。
これはとても良いですね。
体に入る水がすべて健康に良い水なので、震災の後などは特にお子さんがいらっしゃる方は助かっているのではないでしょうか。
さて、ウォーターサーバーも業者がたくさんあり、どこのものを選べばよいのか、迷ってしまいますね。
選び方としては、インターネットなどで探すのが一番です。
サーバーには色々な種類があります。
たいてい床置き型と卓上型の2種類があるので、設置場所などをイメージしながら決めていきましょう。
色や大きさも業者によって違いますし、メンテナンス方法もまちまちです。
大きさは以外と縦横は改良されて小さいものが多いので気になりませんが、高さは色々です。
中には120センチくらいになるものもあるので、ボトルを取り付ける時、12リットルのボトルを自分で持ち上げられる高さなのか、イメージをして決めた方が良いですね。
全重量は約30キロ程度になるので安定したところに置けると良いですね。
キッチンカウンターの上なども人気ですが、下がしっかりしたところに限られます。
我が家ではダイニングの端に置いています。
はじめはキッチン内に置く予定でしたが、思ったよりも大きく、ダイニング側となりました。
私としてはどんなに良い水も、サーバーが汚れていては元も子もないと思っていたので、メンテナンス方法に気を配っているところを探しました。
そして、水が入っているボトルも回収してもらえるリターナルボトルがいいのか、使い捨てが良いのか、各家庭の状況に合わせて考えることが大切です。
リターナルボトルは回収してもらえるので使い捨てボトル使用の業者より値段が若干お安い場合が多いです。
しかし、配達回収まで空ボトルを持っていないといけないのは邪魔ですよね。
自宅が大きくて置き場所がある方や、そんなに使わないから空ボトルはあまり出ないという方におすすめでしょう。
使い捨てボトルはたいてい段ボールに入って配達されます。
ですから重ねて保管が出来るので、部屋が狭いという方にも好評です。
しかし、ゴミがたくさん出ることと、一つのボトルがリターナルのものに比べて容量が小さいので何度もサーバーに取り付けなくてはならないという点があります。
そして宅配エリアを確認しなくてはいけません。
たいてい全国どこでも対応していますが、まれにエリアの指定がある場合があるのです。
私も良いなと思った業者がエリア外でがっくりした経験があります。
宅配可能な地域でも、端の方に位置していると配送に時間がかかることもあるので問い合わせてみることが大切です。