いつでも天然水を

なぜ今、人気なの?
お水の賞味期限
RO膜水のサーバー
故障してしまった時
手軽に美味しいお水
浄水器とどっちが得
サーバーの電気代
メンテナンス方法
放射能汚染対策
サーバーの衛生面
サーバーの解約金
設置場所・方法
音はうるさくない?
レンタルと買い取り
クチコミ情報
デザインを重視
バナジウム天然水
ペットボトルタイプ
リターナブル式
ワンウェイ式
一人暮らし向き
使用用途に合わせて
卓上型サーバー
天然水のサーバー
床置き型サーバー
海洋深層水
無料お試しの業者
赤ちゃんにも安心
配達エリアについて
非常事態に役立つ
口コミ

ウォーターサーバーの単価

おいしい水でかつ安全な水を飲むために、とても重要なものがウォーターサーバーです。
放射能の影響を受けている可能性が少なく、安全で自然界のおいしい水を飲むことができるので、かなり安心して家族で水を飲むことができます。
こういったサーバーはかなり人気があり、値段もペットボトルなどで購入するよりも安く済むので私も利用を始めています。
近年ではものすごく高性能なサーバーも出てきて電気式のろ過を行って、フィルター等を通してしっかりと浄化をしながらも水素水などに水を変換してくれるので体内の活性酸素などを減らすこともできるという効果があるものも多くあります。
水道水を浄化して使用する事の出来るサーバーもあるので水のタンク交換などの心配がないものもあり、浄水器のようにして使用できるものも多くなっています。
そんな中で私が使用しているのは電気式のフィルターのついているもので水道水をしっかりと浄化して、水素水に変換し体内の活性酸素を減らしてくれるものを使用しています。
これは購入する時の本体価格は高いですが、その他の部分においてはしっかりと安いランニングコストで利用できるので非常に満足して使用しています。
実際、30万円程して購入したもので、我が家の中でインテリアの一部としても活躍しながらもおいしい水を生産し続けてくれていて、毎日非常に助かっています。
これらの水はとても使いやすく水道水さえあればすぐに水を生成できるので便利です。
ただし、洗機式のフィルターを通すためか、始め水がぬるくなっているので氷などで冷やしながら飲むようにしてよりおいしい水を楽しんでいます。
本体が30万円、毎月のランニングコストが4000円程度で年間では約5万円ほどになるので、長く使えば使うほど水を安く飲めることになります。
我が家にあるものでは耐久10年は保証されているので、相当安く水を確保できることになります。
1日150円程度で家族全員の飲み水と料理に必要な水の7L程を消費してもその金額なのでとても助かっています。
ペットボトル等では更にお金もかかりますが、これであれば一定の金額でずっと使用でき、その使用にもほぼ際限がないので節約もしながら思いっきり水を飲むことができます。
このサーバー本体自体はかなり高いですが、長く使っているとその単価はしっかりと安くなっていくので、きちんと手入れもしながら大事に使用していこうと考えています。
サーバーの単価そのものでは、30万円もしないものも多くありますが、平均すると10万円程度でしょう。
多くのサーバーは安いものであれば10万円もかからないので気軽に利用を始めることができます。
また一般的には水にそこまでお金をかけられないというのもあるのでかなり難しい判断になります。
各家庭での身の丈に合っているサーバーを選んで購入する事ができれば、とにかく問題ないでしょう。
おいしい水を確保するためにはしっかりした装置を用いるのが最も重要ですが、値段に関係なく個人で希望するおいしさと水の品質が保たれていればそれだけ確実においしい水が飲めるのでよく検討して購入するようにしましょう。
よく分からない場合にはまずは無料お試しの水を飲んでみると良いでしょう。