いつでも天然水を

なぜ今、人気なの?
お水の賞味期限
RO膜水のサーバー
故障してしまった時
手軽に美味しいお水
浄水器とどっちが得
サーバーの電気代
メンテナンス方法
放射能汚染対策
サーバーの衛生面
サーバーの解約金
設置場所・方法
音はうるさくない?
レンタルと買い取り
クチコミ情報
デザインを重視
バナジウム天然水
ペットボトルタイプ
リターナブル式
ワンウェイ式
一人暮らし向き
使用用途に合わせて
卓上型サーバー
天然水のサーバー
床置き型サーバー
海洋深層水
無料お試しの業者
赤ちゃんにも安心
配達エリアについて
非常事態に役立つ
口コミ

通販で多くの人が愛用しているウォーターサーバーの利便性

水は買って飲むものと考える人が増えてきています。
独特なカルキ臭がする水道水にかわってミネラルウォーターが当たり前になって久しい日本において、今はウォーターサーバーを利用する人が増えてきています。
水やお湯がでる容器を家庭やオフィスなどに配置して、飲料水として使用するのです。
もともとは業務用に開発されたものですが、今や一般家庭でも普及しています。
カルキ臭などを逆浸透膜を通過させることで除去して臭いをなくしたり、また天然水を提供するメーカーも増えてきています。
水をセットした容器で電力により冷水と熱水と温度調整を飲料水としておいしい水をいつでも利用でき、水道水をそのままでは飲むことができないような都心を中心に利用者が急増しています。
ウォーターサーバーは通販で販売されているものが多く、基本的に自宅やオフィスまで宅配してくれます。
ミネラルウォーターを買い物すると重いので、小さな子供がいる家庭やお年寄りだけの世帯、また集合住宅で階段を利用する家庭などでミネラルウォーターを持ち運ぶのに不自由な人などの利用も増えてきています。
一般家庭だけにとどまらず、今では病院やエステなどの受付場所や、オフィスなどにも多く普及しています。
一般家庭では飲料水としてそのまま飲まれたり、お米とぎや料理の水、お茶、コーヒーとして利用されています。
小さな子供や赤ちゃんがいる家庭などは清潔で新鮮な水として重宝されています。
ウォーターサーバーを取り入れることで生活面でのメリットは多く挙げられます。
まずは水を購入しやすいこと。
東日本大震災の直後、店頭に並ぶミネラルウォーターがなくなる現象が起こりました。
その点、ある程度のストックを保持でき、定期的な宅配契約をしていると、大震災の後に水の確保に困ることがなかったという事例が多く見られました。
サーバーの容量は会社によって様々ですが、9リットルから18・9リットルサイズがあります。
一般の家庭では小さすぎずに小回りがきく12リットルが主流です。
12リットルといえば、ペットボトル2リットルの6本分です。
震災などの非常事態には1本のペットボトルを入手するのさえ困難ななか、これだけの容量の水を確保できるとわかり、震災後に利用者が急増したのです。
また空になったペットボトルの回収も水の宅配の際にしてくれます。
エコを意識した人にはこの点も評価されています。
買い物で重たい荷物を運ぶこともなく、ペットボトルのキャップやビニールをはずす手間も必要ありません。
冷水と熱水がすぐにでるというのも生活するうえでは便利です。
ポットのカルキ抜きなどをするのには15分くらい時間を要するのに対して、レバーをひねれば冷水も熱水もすぐに出るのは忙しい主婦にはありがたい機能です。
サーバーはレンタルのものが多く、定期的に点検、メンテナンス、交換をしてくれるので、大掛かりな掃除や手入れをする必要もありません。
最近では天然水を使ったサービスも増えています。
富士山の雪解け水やアルプスの天然水など、ミネラルも豊富な水を宅配してくれます。
水に詳しい人は特に、ある地域の天然水ということでメーカーを選んで好みの水で生活しています。