いつでも天然水を

なぜ今、人気なの?
お水の賞味期限
RO膜水のサーバー
故障してしまった時
手軽に美味しいお水
浄水器とどっちが得
サーバーの電気代
メンテナンス方法
放射能汚染対策
サーバーの衛生面
サーバーの解約金
設置場所・方法
音はうるさくない?
レンタルと買い取り
クチコミ情報
デザインを重視
バナジウム天然水
ペットボトルタイプ
リターナブル式
ワンウェイ式
一人暮らし向き
使用用途に合わせて
卓上型サーバー
天然水のサーバー
床置き型サーバー
海洋深層水
無料お試しの業者
赤ちゃんにも安心
配達エリアについて
非常事態に役立つ
口コミ

ウォーターサーバーの気になる電気代

ウォーターサーバーを導入しようかと、悩むときに、やはり気になるのが、料金です。
電気代や、水の料金、サーバーレンタル料金は月々にいくらかかるのかを、検証してみましょう。
ウォーターサーバーの家庭用を導入しようか考える方は、月々にいくらかかるのか、気になるところです、基本的にいるものとしては、電気料、水の代金、サーバーレンタル代金、メンテナス料の3つになります。
ウォーターサーバーは、電気によって動いていて、冷水やお湯を作り出してくれていますので、例外時を除いて24時間つけっぱなしの状態になります。
実際にウォーターサーバーの電気代金はいくらになるのでしょう、実際には利用するメーカーの質や種類、サイズなどによって差が出てきたりします。
私の電気代、周囲の方の電気料金を見ても、月1000円前後が平均です。
よく、ウォーターサーバーと比較されるもので、電気ポットを使うと大体、月1000円程度になるので、同じようなものなのです。
しかし、最近では、省エネルギーのサーバーも増えてきました。
従来のサーバーと比べると、50パーセントのエネルギーがカットできるのです。
電気料金が値上がりしている中で、この省エネルギーサーバーに注目が集まっています。
省エネ率50パーセントから60パーセント、電気料金は従来の半分から3分の1カットできるのです。
メーカーによっては、省エネサーバーのほうが従来のサーバーよりも、レンタル料金が少し高くなっているメーカーもありますが、電気料金が、350円で済めば、安いものかもしれません。
サーバーで常時冷やしている水は、子供の熱中症を防ぐためにも良いです。
子供は、遊びに夢中になっていると、自分から暑いと訴えてくるのを忘れてしまっています、なので、冷たい水をこまめに飲ませることも重要な、熱中症の予防になるのです。
水ボトルも小さなお子様にも安心の天然水を使っている、メーカーが多いので、安心して使えます。
水の代金は、頼む水の種類によって、料金は様々です。
各メーカーともに特徴のある水を用意しています。
こだわりに強い水になればなるほど、その料金が上がっていきます。
サーバーについては、レンタル費用が無料のメーカーもあります、こちらは、水のボトルを買えば、無料というシステムのものです。
サーバーレンタルが無料のメーカーについては、水のボトルが少々、高く設定されてりることがあります。
ご自分のライフスタイルに合わせて、選択してみてください。
メンテナス費用も月々かかりますが、こちらに関しては、取るメーカーと、取らないメーカーがあります。
年に1度、サーバーを交換してメンテナスをするところが、多いです。
この際に年5千円のところもありますし、無料でしてくれるところもあります。
また、最近では機器自体にクリーンシステムを搭載して、セルフメンテナンスなどだけのメーカーも増えてきています。
我が家の1か月のサーバー料金合計しますと、トータルの1か月のコストは、7リットルの水が4個セットで頼んでいて、サーバーレンタル料金は無料、なので、基本的には4400円の水代金+電気代金となります。
電気料金で1000円です。