いつでも天然水を

なぜ今、人気なの?
お水の賞味期限
RO膜水のサーバー
故障してしまった時
手軽に美味しいお水
浄水器とどっちが得
サーバーの電気代
メンテナンス方法
放射能汚染対策
サーバーの衛生面
サーバーの解約金
設置場所・方法
音はうるさくない?
レンタルと買い取り
クチコミ情報
デザインを重視
バナジウム天然水
ペットボトルタイプ
リターナブル式
ワンウェイ式
一人暮らし向き
使用用途に合わせて
卓上型サーバー
天然水のサーバー
床置き型サーバー
海洋深層水
無料お試しの業者
赤ちゃんにも安心
配達エリアについて
非常事態に役立つ
口コミ

ウォーターサーバーの電力

ウォーターサーバーの設置にあたり悩んだことといえば、電気代があります。
常に冷たい水と温かい湯が飲めるというメリットがありますが、その分電気代がかさむというデメリットがあるのです。
そこでどれほどの電力がかかるのか調べてみたのです。
すると悩むほどの問題ではないことがわかったのです。
いろいろなメーカーの平均値が一日たったの40円です。
一ヶ月30日だとして1200円です。
1200円でいつでも冷たい水と温かい湯が飲めるなら、冷蔵庫の無駄な開閉でのかさむ電気代金や、湯沸しをするような電気代やガス代と比較しても歴然の差です。
まして電気ポットを使用しているようyな場合だと更に大きな差額が生まれるのです。
電気ポットは電気代がかなりかさむのです。
だいたいウォーターサーバーの倍の金額がかかります。
湯をわかすということだけの電力の比較をした場合ですと、ワット数だけで三倍の差があるのです。
もちろん電気代も大きく異なる結果につながるのです。
賢く節約も出来る上に衛生面の問題でも安心安全なのが、ウォーターサーバーと言えるのです。
こうやって調べると改めて知らないって無知だなと痛感します。
勝手に高いものだと思っていた電気代金にしても、比較することで大きな違いがありまして自分が思っていたよりもずっと安価な金額だったのです。
電力も調べることによって、ウォーターサーバーのメーカーごとに1000円から2000円程度の電気代金がかかることと、メーカーによってはさらに格安の缶ジュース代金よりも安い金額の一ヶ月の電気料金というところもあったのです。
もちろんメーカーごとに扱っている水の種類なども異なりますし、軟水や硬水など自分にあった水を選びたいので、さまざまなことを考慮して選んだのです。
ウォーターサーバーがあって便利なのは、かんたんにミルクを作ることが出来るので赤ちゃんを待たせなくても良いですし、パックなどと使用すれば誰でもかんたんにお湯が出せるので、コーヒー紅茶緑茶などを即飲むことが出来るのです。
夜の晩酌にもお湯割りも水割りもかんたんに出来ますから、来客も気兼ねせず自由に使用出来ます。
特に夏場の子どもは冷たい飲み物を欲しさにすぐに冷蔵庫を開けるために、無駄な電力が消耗されていたのです。
今はそんなこともなくなり、結果としてコストパフォーマンスの面でも良いです。
それから水はやはりそのままでいただくのがおいしいので、冷たい水や温かい水をチョイスして飲むことが出来ますし、誰にでもかんたんに利用出来るので便利です。
もちろんいつでも新鮮な水が飲めることは安心で安全であるとも言えます。
ポットなどを使用していた頃は、キレイに洗えていないこともあり雑菌などの心配もあります。
ポットはなかに傷が少しでもつくとそこからバイキンなどの繁殖もしてしまうのです。
直に飲むものだからこそ、安全で安心なのはとても嬉しいのです。
家族の健康を考えたときに、我が家に設置して良かったと思うのです。
最近はサーバーもインテリアの一部として置きやすい、かわいくてオシャレなものが増えてきたのも嬉しいです。
結果として、電力は考えるほどではなかったのです。