いつでも天然水を

なぜ今、人気なの?
お水の賞味期限
RO膜水のサーバー
故障してしまった時
手軽に美味しいお水
浄水器とどっちが得
サーバーの電気代
メンテナンス方法
放射能汚染対策
サーバーの衛生面
サーバーの解約金
設置場所・方法
音はうるさくない?
レンタルと買い取り
クチコミ情報
デザインを重視
バナジウム天然水
ペットボトルタイプ
リターナブル式
ワンウェイ式
一人暮らし向き
使用用途に合わせて
卓上型サーバー
天然水のサーバー
床置き型サーバー
海洋深層水
無料お試しの業者
赤ちゃんにも安心
配達エリアについて
非常事態に役立つ
口コミ

憧れのウォーターサーバーと、現実の悩み

今、沢山の種類のウォーターサーバーが市場に出回っており、広告やテレビCM、食材配達のカタログなどで沢山見かけます。
医療機関やショップに出向いたときにも、「ご自由にお飲みください」と設置されているものも見かけます。
私は出かけた先で設置されているものを飲んでみて、そのおいしさに驚きました。
我が家では浄水ポットを長いこと愛用しています。
浄水ポットを始めとする浄水器のお水ももちろん美味しくて安全ですが、浄水ポットだと濾過してすぐはそれほど冷たくはありません。
蛇口設置型も冷水は出てこないので、冷水を飲もうと思えば冷蔵庫で数時間冷やす手間がかかります。
氷を入れればいいだけのことですが、氷も浄水器を通した水で作ったものでないと、風味を損ねてしまいます。
もちろん、お湯となると沸かす手間も必要です。
でもウォーターサーバーは冷水もお湯も思いのまま、さらには子供が悪戯して火傷しないようにチャイルドロックもついているので、その多機能なところにとても感動しました。
そして、自分もこれを使いたいと思い、それから色々調べたのですが、調べるにつれて沢山の悩みが発生したのです。
ひとつは、設置場所です。
結構大きいので、どこに設置すればいいだろうと家の中を見渡しました。
どこに置いても存在感は凄いことになることは間違いありません。
次に、費用です。
家族が多いので、どのように使用するかによって一ヶ月にかかる費用が変わってきます。
せっかくの美味しいお水ですから、有意義に使いたいのです。
でも、そうすると費用が跳ね上がります。
かといって、節約してしまうと美味しいお水を堪能する機会が減ります。
電気代も気になりますし、老齢の家族がうまく使いこなせるのかという点も気になります。
使うからには、家族全員が楽しく使いたいですから。
このように、家族が多いゆえの悩みが、これでもかこれでもかと溢れ出してくるのです。
悩みながらも、憧れは止まりません。
設置するスペースの候補もいくつか選定し、どのウォーターサーバーが一番我が家に合っているか、どういった用途で使うか、一ヶ月の予算はどれくらいにするか等、現在の水道光熱費などとも照らし合わせて常に検討しています。
沢山あるからこそ、その中からベストのものを選びたいのです。
そうして悩みながらもう数年が経ちました。
その間にも種類はどんどん増えていくので、ウォーターサーバーを求める人は多いことを実感しました。
沢山のなかから良い物を選ぶために、外出先に設置されていれば必ずチェックします。
蛇口の様子や、衛生面、手入れのしやすさや操作の手軽さなど、一目見てわかる範囲はしっかり確認し、どのメーカーが多いのかも見逃しません。
そうやって、ひとりでこっそりと目を光らせているのです。
まだ家族には「欲しい」とは言っていません。
悩みを全て解消した上で、しっかりとした資料を見せて導入すると決めています。
アレルギーのある息子に、少しでも安心で美味しい水を飲ませてあげたいですし、そういったお水で作った料理を食べさせてあげたいですので、いつか憧れのウォーターサーバーを我が家にお招きし、皆でその水を楽しむ日が来ると信じています。