いつでも天然水を

なぜ今、人気なの?
お水の賞味期限
RO膜水のサーバー
故障してしまった時
手軽に美味しいお水
浄水器とどっちが得
サーバーの電気代
メンテナンス方法
放射能汚染対策
サーバーの衛生面
サーバーの解約金
設置場所・方法
音はうるさくない?
レンタルと買い取り
クチコミ情報
デザインを重視
バナジウム天然水
ペットボトルタイプ
リターナブル式
ワンウェイ式
一人暮らし向き
使用用途に合わせて
卓上型サーバー
天然水のサーバー
床置き型サーバー
海洋深層水
無料お試しの業者
赤ちゃんにも安心
配達エリアについて
非常事態に役立つ
口コミ

ウォーターサーバーの比較検討

自宅にサーバーを設置するだけで、美味しいお水がすぐに飲めるのが魅力のウォーターサーバーは、各メーカーによって、様々な魅力があるのでしっかり比較して選ぶのも重要なポイントになります。
例えば、価格で比較することも大事なポイントの1つで、水の価格やサーバーのレンタル料などはもちろん、ポイントにしたいのがサーバーのメンテナンス料や水の購入ノルマなどもメーカーにより異なるのでポイントにしたい項目です。
さらに大事なポイントが、やはりお水にもあります。
例えば、採水地から選ぶのもオススメで、メーカーにより、全国の銘水が楽しめるウォーターサーバーもあり、様々なお水を楽しみたい場合には、豊富な種類の銘水を取り揃えているメーカーを選ぶのもオススメです。
さらに水の種類では、汲み上げた天然水をそのままボトリングしたタイプや地下水をろ過したタイプ、加熱殺菌したタイプなど、様々な種類の水があります。
さらに天然水だけではなく、水道水をRO膜とよばれる高性能の浄水器でろ過し、不純物を除去してからミネラル類を添加したタイプや、天然水をRO膜でろ過して純水としているタイプなどもあり、このタイプは価格もリーズナブルですし、料理に使う場合に、素材の持ち味を出せるということで純水に近いRO濾過の水を高く評価するプロの料理人もいるほどで、安全性も確保されていて、コスト面でもお得なお水です。
さらに、ボトルのタイプで選ぶのもポイントで、一般的なのがリユースボトルですが、資源ごみとして処分可能なワンウェイタイプなどもあります。
さらに、家庭の環境によって選ぶポイントも異なります。
例えば、赤ちゃんがいる家庭で安心できるお水を比較するのも大切で、赤ちゃんは内臓機能が十分ではないため、赤ちゃんに最適な水というものもあり、赤ちゃんや小さなお子さまのいる家庭では安心できる水なのか、確認したいポイントの1つです。
さらにデザインで選ぶのもポイントで、私の場合には、デザイン性と幅を取らないコンパクトサーバーで検討させていただきました。
設置する場所や雰囲気、さらに床・卓上設置などの選択のポイントがあり、私の場合、サーバー本体がキッチン脇に置いても違和感のない小型タイプを選びました。
さらにサーバー本体のカラーも、ホワイト、パールピンク、ブラックから選ぶことができる上に、床置きタイプと卓上型のショートタイプがあり、自宅の1階には床置きタイプを、2階には卓上タイプを設置しています。
さらにお水は地下から空気に触れない方法で採水されたピュアで安心・安全な天然水です。
さらにボトルは、空気に触れない無菌エアレスパックで、使用後は小さく折りたためるのも魅力ですし、さらに利用する決め手になったのが、自動クリーンシステム搭載のサーバーで、ボタンを押すだけで温水がサーバー内部を循環して自動でクリーニングしてくれ、いつも衛生的な状態を保てる魅力があり、さらに、部屋の明るさを感知し、夜間など、使用しない間の電気使用量を通常時比で30%もカットしてくれるのも魅力でしたし、サーバーレンタル料も無料で、現在も利用していて、重宝しています。
メーカー別に見比べてみると、何が必要なのかが一目瞭然で、自分自身に合ったサーバーを選ぶことができ、情報を踏まえた上で利用することも重要だと改めて思いました。