いつでも天然水を

なぜ今、人気なの?
お水の賞味期限
RO膜水のサーバー
故障してしまった時
手軽に美味しいお水
浄水器とどっちが得
サーバーの電気代
メンテナンス方法
放射能汚染対策
サーバーの衛生面
サーバーの解約金
設置場所・方法
音はうるさくない?
レンタルと買い取り
クチコミ情報
デザインを重視
バナジウム天然水
ペットボトルタイプ
リターナブル式
ワンウェイ式
一人暮らし向き
使用用途に合わせて
卓上型サーバー
天然水のサーバー
床置き型サーバー
海洋深層水
無料お試しの業者
赤ちゃんにも安心
配達エリアについて
非常事態に役立つ
口コミ

気になるポイントを比較して契約するウォーターサーバーを選ぶ

お料理にもそのままでもお水もお湯もいつでも安心して使うことのできるウォーターサーバーは、家に置いておくととても便利です。
しかし、いざ契約しようとすると種類も多くどのウォーターサーバーを選んだら良いか迷ってしまいます。
そのため、ポイントを絞って比較していくと選びやすいのでおすすめです。
私がウォーターサーバーを選んだ場合の比較のポイントは、価格と水の種類とボトルのタイプと採水の場所です。
価格は、お水の値段だけをみると1000円代の後半から2000円代の前半でそんなに違いはありません。
しかし、そのお水の値段にサーバーのレンタル料とメンテナンス料が加わって月々支払う額が決まります。
メンテナンス料は無料のところが多いですが、レンタル料が必要なところもあります。
レンタル料がかかるとお水の価格が安くても、トータルでは高くなることもあります。
そのため、価格を比べる場合には月々必要な費用をすべて比べることが大切です。
また、お水の種類によっても価格が変わってきます。
くみ上げたそのままのお水を使っているのかくみ上げたお水をろ過してつかっているものがあります。
せっかく契約するのならば、天然水が良いという場合とできるだけ安いお水を利用したいという場合では、選ぶお水が変わってきます。
我が家の場合には、スーパーなどでペットボトルのお水はいつも安売りをしていることがあるので、あまり価格の高くないお水を選びました。
また、ボトルも使い捨てのタイプと業者が引き取ってくれるタイプのものがあります。
初め引き取ってくれるタイプのほうが、自分で捨てる手間がなくてよいかと思ったのですが、使い捨てタイプも中のお水を使って量が少なくなると圧力でつぶれていって小さくなるので業者が引き取りにくるまで置いておくボトルに比べて場所をとりません。
また、使いすてタイプのものは使い終わったら捨ててしまうので、1回の使いきりなので衛生的です。
そして、使い捨てタイプはボトルの中の水が少なくなっていくと、圧力でつぶれて中に空気が入りにくくて衛生的です。
そのため、使い捨てタイプのものを選びました。
それから、採水の場所によって含まれる成分が変わってきます。
成分をとても気にする場合には、採水の場所も選ぶ場合のポイントとして重要になります。
また、赤ちゃんがいる場合には硬水ではなく、ミネラルの少ない軟水を選ぶことがおすすめです。
マグネシウムの少ないお水を選ぶと安心です。
原発事故などで放射能の水への影響の心配があります。
しかし、どの業者もきちんと放射性物質の検査が定期的に行われているので安心です。
業者によっては、検査を毎月実施しているところもあれば、二ヶ月に一回のところもあります。
心配な場合には、毎月実施している業者を選ぶと良いです。
このような選ぶポイントなどパンフレットで比べるのは、とても大変です。
インターネットではすぐに比べることができるように一覧表になっているサイトがあるので、それらを利用して比べてみると良いです。
自分の気になるものがすぐに調べることができて、ひと目で違いが分かるようになっているものが多いので参考にする場合に便利です。