いつでも天然水を

なぜ今、人気なの?
お水の賞味期限
RO膜水のサーバー
故障してしまった時
手軽に美味しいお水
浄水器とどっちが得
サーバーの電気代
メンテナンス方法
放射能汚染対策
サーバーの衛生面
サーバーの解約金
設置場所・方法
音はうるさくない?
レンタルと買い取り
クチコミ情報
デザインを重視
バナジウム天然水
ペットボトルタイプ
リターナブル式
ワンウェイ式
一人暮らし向き
使用用途に合わせて
卓上型サーバー
天然水のサーバー
床置き型サーバー
海洋深層水
無料お試しの業者
赤ちゃんにも安心
配達エリアについて
非常事態に役立つ
口コミ

ウォーターサーバーの使い勝手や価格を比較して導入を考えると

重たいペットボトルのミネラルウォーターを買ってくることなしに、おいしい水が飲めるウォーターサーバー、とても便利ですよね。
私もとても便利に感じています。
今も使っていますが、何度か業者をかえたことがあるので、その経験を元にウォーターサーバーの価格や使い勝手を比較して、損をしない選び方を考えてみたいと思います。
ウォーターサーバーを導入するときに気になるのはまずかかる費用ではないでしょうか。
ボトルの代金、サーバーの電気代、サーバーのレンタル代金、宅配の費用、などがかかってきます。
ボトルの代金は、水の質にどれだけこだわるか、また業者によってもかなりちがってくるのですが、だいたい12リットル入りで1000円くらいから1900円くらいのところが多いようです。
私は1500円くらいのものを利用していますが、味、品質等、十分満足できています。
そして電気代ですが、基本的には一ヶ月1000円くらいと導入のときにきいていましたが、私の場合は大体その通りでした。
電気代はずっとかかっていく費用ですので、もし安いものがあるのならば、それを選ぶことも良いかもしれません。
それと、このところ健康上の理由から体を冷やさないようにあまり冷たく冷やした水よりも常温の水を飲みたいという人も多いようです。
そのためボトルから水を出す、という機能のみで、冷やしたりあたためたりする機能のないウォーターサーバーもあります。
こちらは電気代もかからないし、常温の水を求める人にとっては無駄がなくてよいですね。
次にサーバーのレンタル料ですが、こちらは最近は無料のところが増えてきていますね。
ただ1年以内で解約はだめなど、一定のルールに沿わないと違約金が発生することもあるので、無料だからといってかんがえないで契約してしまうと思わぬ出費になってしまうこともあるようです。
業者によっては無料体験の期間をもうけて、お試しをさせてくれるところもありますので、二度目の導入の時には私はこれを利用しました。
あとは宅配の費用。
こちらも配送量がかかるところと無料のところがあります。
できれば、無料のところがよいと思いますが、場合によってはその分が水の料金の中に含まれていて、水の料金が割高になっているところもあるように思いました。
これらのコストを十分比較した上で。
水の質やウォーターサーバーの性能などを加味して考えるとよいのではないでしょうか。
そして先にも少し書きましたが、契約する前によく比較検討して考えないと、一度契約してしまうと一年以内の解約では違約金が発生する場合も多いので、気をつけたいところです。
この違約金は、サーバーの引き取り手数料とされているところが多いのですが、レンタルが無料であることから、ある程度の期間きちんと使用してもらって、その間に水を注文してもらいたいということでだと思われますので、短い間での解約は業者にとっても利用者にとっても損なことになってしまいます。
私も最初のサーバーは、割と安易に決めてしまったので、一年間我慢して使うということになってしまいました。
二度目のときには、お試し期間を利用して、実際にそのサーバーと水を体験してから契約したので今でも快適に使用できています。