いつでも天然水を

なぜ今、人気なの?
お水の賞味期限
RO膜水のサーバー
故障してしまった時
手軽に美味しいお水
浄水器とどっちが得
サーバーの電気代
メンテナンス方法
放射能汚染対策
サーバーの衛生面
サーバーの解約金
設置場所・方法
音はうるさくない?
レンタルと買い取り
クチコミ情報
デザインを重視
バナジウム天然水
ペットボトルタイプ
リターナブル式
ワンウェイ式
一人暮らし向き
使用用途に合わせて
卓上型サーバー
天然水のサーバー
床置き型サーバー
海洋深層水
無料お試しの業者
赤ちゃんにも安心
配達エリアについて
非常事態に役立つ
口コミ

ワンウェイ式のメリット・デメリット

ウォーターサーバーにはワンウェイ式があり、近年ワンウェイ式が主流となりつつあります。
ワンウェイ式のメリットとデメリットについて解説します。

ワンウェイ式ウォーターサーバーのメリット:
ワンウェイ式の水の容器は密封されており、中に封入されている水は給水時まで外気に触れることがありません。
そのため、雑菌や塵などが混入しませんし、ウォーターサーバーにセットした後も、給水にあわせて容器が収縮してつぶれていくため常に真空状態が保たれ、雑菌が繁殖しません。
また、セット後は水の逆流がなく、劣化し難い為、賞味期限も長くなっています。

リターナブル式は給水した分空気が容器内に廃しますので水質劣化が起こりやすく、雑菌の繁殖や汚染の危険性があるといえます。
それにくらべて、使用後の容器も非常にコンパクトになりますし、資源ごみとして廃棄することができますので処理が楽です。
硬いボトル式のリターナブル式に比べて、使用済みの容器が場所を摂らず、スペース的にも余裕がもてるというメリットがあります。

ワンウェイ式のデメリット:
ワンウェイ式のデメリットとして挙げられるのが、リターナブル式に比べて費用が高いという点です。
リターナブル式の容器が回収し、洗浄消毒された後再利用されているのにくらべて、ワンウェイ式の容器は使い捨てであり、そのため、価格自体が高くなってしまっています。

また、ワンウェイ式のウォーターサーバーの業者自体の多くが比較的新たしい会社が多く、設備などの費用が掛かっていたりします。
水を密閉した際に雑菌などが入り込まないようにするための処理などもあり、それらも価格を上げる要因となっています。

このように、ワンウェイ式のウォーターサーバーは、リターナブル式に比べて価格が高く設定されている物の、安全性と利便性において優れているといえます。
より安全な物を選びたい人や1人暮らしなのでそれ程水を消費しない人などにワンウェイ式ウォーターサーバーが選ばれています。