いつでも天然水を

なぜ今、人気なの?
お水の賞味期限
RO膜水のサーバー
故障してしまった時
手軽に美味しいお水
浄水器とどっちが得
サーバーの電気代
メンテナンス方法
放射能汚染対策
サーバーの衛生面
サーバーの解約金
設置場所・方法
音はうるさくない?
レンタルと買い取り
クチコミ情報
デザインを重視
バナジウム天然水
ペットボトルタイプ
リターナブル式
ワンウェイ式
一人暮らし向き
使用用途に合わせて
卓上型サーバー
天然水のサーバー
床置き型サーバー
海洋深層水
無料お試しの業者
赤ちゃんにも安心
配達エリアについて
非常事態に役立つ
口コミ

ペットボトルタイプのウォーターサーバー

ウォーターサーバーにはワンウェイ式とリターナブル式以外にもペットボトルタイプがあります。

ペットボトルタイプの最大の特徴は、
ウォーターサーバー業者に設置やメンテナンスをしてもらうのではなく、メーカーから販売されているウォーターサーバーを購入することができます。
そして、好みのペットボトルミネラルウォーターをセットして通常のウォーターサーバーと同じように使う物です。

ペットボトルタイプのウォーターサーバーのメリットとして挙げられるのが、自分の飲みなれた市販のものをそのまま使用し続けられるという点です。
ウォーターサーバーに変えたのをきっかけに飲んでいた水の種類を変えなければならないという事もありません。
好みの水や気分によっても替えられるという柔軟な使用が可能と言うのも大きなメリットといえます。

ただ、デメリットもあります。

まずは価格です。
ペットボトルタイプは基本的にメーカーが販売しているものを購入する事になりますので、2万円~3万円以上掛かります。
レンタル式の物に比べて初期費用が多く掛かってしまうのです。
ペットボトルの水も購入する事になるのですがレンタル式のウォーターサーバーに比べて割高になります。

次に利便性です。
業者が自宅に水を定期的に届けてくれるのではなく、水は自分でコンビニやスーパーなどで購入しなければなりません。
重い水を買いに行かなくても自宅に届けられるというウォーターサーバーの大きなメリットがペットボトル式には無いといえます。

また、メンテナンスも自分で行う必要がありますし、もし故障してしまったりした際に、メーカーに預けている間は利用する事が出来ません。
ウォーターサーバー業者の場合は代替のサーバーを用意してくれるのに対し、こういった点でもデメリットがあるといえます。

ペットボトル式は家庭用を前提に作られているのでデザインも良く、柔軟な使用が可能なのがメリットですが、メンテナンスや水の補充などの手間がかかるのがデメリットといえます。