いつでも天然水を

なぜ今、人気なの?
お水の賞味期限
RO膜水のサーバー
故障してしまった時
手軽に美味しいお水
浄水器とどっちが得
サーバーの電気代
メンテナンス方法
放射能汚染対策
サーバーの衛生面
サーバーの解約金
設置場所・方法
音はうるさくない?
レンタルと買い取り
クチコミ情報
デザインを重視
バナジウム天然水
ペットボトルタイプ
リターナブル式
ワンウェイ式
一人暮らし向き
使用用途に合わせて
卓上型サーバー
天然水のサーバー
床置き型サーバー
海洋深層水
無料お試しの業者
赤ちゃんにも安心
配達エリアについて
非常事態に役立つ
口コミ

ウォーターサーバーの設置場所・方法について

ウォーターサーバーの設置場所や方法について解説します。
床置き式や卓上タイプを選ぶ際の参考にしてください。

一般的なウォーターサーバーには電源が必要です。
ですので電源のある場所が設置できる場所という事になります。

また、ウォーターサーバーを使用するであろう場所もある程度目安を付けておきましょう。
設置スペースは余裕をもって確保しましょう。

特に、リターナブル式ウォーターサーバーの場合、吸気口がサーバー本体に存在します。
吸気口が本体側面や裏側にある場合はその面を広く取る必要があります。
なぜなら、狭いと空気の流れが悪くなり、埃がフィルターに溜まりやすいからです。
リターナブルタイプの安全性はフィルターの性能が大きく関わっている場合が多いので、埃を取り除く安く、かつ埃が溜まり難いようにある程度スペースを空けておきましょう。

また、セットしていない水の保管場所も確保しておく必要があります。
水の容器はとても大きく、意外と場所をとりますし、重量もあるのでウォーターサーバーの近くで直接日光にあたらない場所が望ましいです。

また、リターナブルタイプの場合、空になった容器は定期的に業者が回収しますので、さらに空容器を保管しておく場所も必要になりますね。
スペースについては準備、確保できたけど、設置が大変そうだと思っている人も安心してください。
ウォーターサーバーの設置は業者が行ってくれます。

ですので、大きくて重い本体を組み立てたり設置したりする労力は掛かりません。
スペースの確保だけでOKといえます。
また、家電店などで購入した場合は自分で設置する事になりますが、家電店で配送設置をしてくれる場合もあります。

卓上タイプは小型で便利ですが、設置場所が少し難しいかもしれませんね。
動線上に設置し難いので、キッチンやリビングなどに専用の台などを用意しておくと良いですね。

ウォーターサーバーの設置は業者にお任せして、本体自体のスペースと、ストック分の水の保管場所、リターナブルタイプの場合はそれに加えて空容器のスペースを確保しておきましょう。