いつでも天然水を

なぜ今、人気なの?
お水の賞味期限
RO膜水のサーバー
故障してしまった時
手軽に美味しいお水
浄水器とどっちが得
サーバーの電気代
メンテナンス方法
放射能汚染対策
サーバーの衛生面
サーバーの解約金
設置場所・方法
音はうるさくない?
レンタルと買い取り
クチコミ情報
デザインを重視
バナジウム天然水
ペットボトルタイプ
リターナブル式
ワンウェイ式
一人暮らし向き
使用用途に合わせて
卓上型サーバー
天然水のサーバー
床置き型サーバー
海洋深層水
無料お試しの業者
赤ちゃんにも安心
配達エリアについて
非常事態に役立つ
口コミ

ウォーターサーバーの放射能汚染対策

放射能は元々自然界に存在するもので、温泉水などでは微量ながら放射能を含んでいます。
しかし、現在放射能に対する関心が高まっており、あらゆる食品で放射能チェックが厳重に行われています。
日本では2011年の福島原発事故による放射能汚染で非常に多くの人が放射能に対する関心を高めてきました。
特に、雨などで流れて濃度が濃くなった放射性物質が地下水に流れ込んでいる危険性があるとメディアでも大きく報じられたりした事もあり、水に対する安全性を求める声が高まりました。

放射能は拡散中心点から離れれば離れるほど濃度が低くなり、危険性も低くなります。
また、ウォーターサーバー用の水が採取されているのは岩盤の下の置く深くからであります。
仮に放射能を帯びた水が地下に染込んでいたとしても、その水が地下水となって水源に到達するのは400年後といわれており、直ちに水の放射能汚染の危険性は無いといえます。

また採取されている地域も様々であり、放射能汚染の危険性の低い場所で採取されています。
水の採取から梱包まで一切外気に触れることは無く、ウォーターサーバーにセットしてコップに注いだ時初めて外気に触れるのです。
ウォーターサーバーに放射性物質が入り込む事はありませんし、それに対する対策もしっかりとされているといえます。

それでも心配な場合は放射能除染も可能なRO膜をつかってろ過されたRO膜水を使用しているウォーターサーバーもあります。
RO膜とは完全な純粋に近い状態まで水をろ過する事ができるフィルターで、宇宙空間で腐敗の心配の無い安全な水の確保を目的としてアメリカ航空宇宙局(通称NASA)が開発したもので、そのろ過性能は折り紙つきです。

つまり、一般的なウォーターサーバーでも、放射能に対する対策は万全といえますし、さらにRO膜水という選択肢もあるので考えうる最上の安全性を誇っているともいえます。
ウォーターサーバーの家庭設置台数が爆発的に増えているのも、この安全性故といえるでしょう。