いつでも天然水を

なぜ今、人気なの?
お水の賞味期限
RO膜水のサーバー
故障してしまった時
手軽に美味しいお水
浄水器とどっちが得
サーバーの電気代
メンテナンス方法
放射能汚染対策
サーバーの衛生面
サーバーの解約金
設置場所・方法
音はうるさくない?
レンタルと買い取り
クチコミ情報
デザインを重視
バナジウム天然水
ペットボトルタイプ
リターナブル式
ワンウェイ式
一人暮らし向き
使用用途に合わせて
卓上型サーバー
天然水のサーバー
床置き型サーバー
海洋深層水
無料お試しの業者
赤ちゃんにも安心
配達エリアについて
非常事態に役立つ
口コミ

リターナブル式のメリット・デメリット

ウォーターサーバーにはワンウェイ式とリターナブル式があり、それぞれメリットとデメリットが違っています。

ワンウェイ式は水の容器が給水ごとにつぶれていき、使用後は資源ごみとして捨てる事になります。
これがワンウェイ式のウォーターサーバーの主な特徴といえます。

では、リターナブル式のウォーターサーバーとはどういったものなのでしょうか。
リターナブル式の特徴とメリット、デメリットを解説しますので、参考にしてください。

リターナブル式ウォーターサーバーのメリット:
リターナブル式ウォーターサーバーの最大のメリットとして挙げられるのが価格の安さです。
その価格の安さの秘密は水の容器が使い捨てではなく、回収して殺菌消毒し再利用されていることにあります。
このため、水自体の価格が安く済むのです。

また、容器を業者が回収してくれるので自宅で処理する必要はありませんし、資源の再利用と言う観点から、非常にエコロジーだともいえますね。
古くからある形式であり、老舗業者も多いのでサービスが行き届いているともいえます。

リターナブル式のデメリット:
リターナブル式はワンウェイ式とは違い、給水に伴い容器内にフィルターを通して空気が入っていきます。
このため、どうしても雑菌や有害物質の混入リスクが払拭できません。
また、常に空気に触れていますので水質劣化がおきやすく、賞味期限もワンウェイ式に比べて短くなってしまっています。
フィルター式ですのでメンテナンスも定期的に必要になってしまいます。

また、スペースの問題もあります。
使用した容器は業者が定期的に回収してくれますが、それまでの間は潰す事ができない大きな容器を保管しておく場所が必要になります。
大きな家出ならさして邪魔にはならないかもしれませんが、1人暮らしの人やマンション暮らしの人にとってはその大きな容器の保管スペースの確保に困る事になります。
リターナブル式は低価格というメリットがある物の、安全性での問題とスペースの問題があるのがデメリットといえます。