いつでも天然水を

なぜ今、人気なの?
お水の賞味期限
RO膜水のサーバー
故障してしまった時
手軽に美味しいお水
浄水器とどっちが得
サーバーの電気代
メンテナンス方法
放射能汚染対策
サーバーの衛生面
サーバーの解約金
設置場所・方法
音はうるさくない?
レンタルと買い取り
クチコミ情報
デザインを重視
バナジウム天然水
ペットボトルタイプ
リターナブル式
ワンウェイ式
一人暮らし向き
使用用途に合わせて
卓上型サーバー
天然水のサーバー
床置き型サーバー
海洋深層水
無料お試しの業者
赤ちゃんにも安心
配達エリアについて
非常事態に役立つ
口コミ

使用用途に合わせたお水選び

一言に水と言っても全て一緒ではありません。
水には硬度や性質で様々な種類に分けられます。

まず水は硬度によって軟水と硬水に分けられます。
硬度とは水分中に含まれるミネラルによって変わり、含有量が多いほど硬水、低いほど軟水と分けられています。

日本の水は殆どが軟水といわれています。

軟水はサラッとした喉越しであり飲みやすく、煮物などの料理に使うと味が染込みやすくなります。
他にも浸透力が高いという特徴もあり、お出汁と摂る時などに軟水を用いるとより出汁が出やすくなります。
身体に吸収されやすく、水分補給にも向いているといえます。
さらに汚れにも浸透しやすいので汚れを浮かしやすく、落しやすいのです。
ただ、煮物に使うと煮崩れしやすくなります。

一方の硬水は、軟水に比べてミネラル含有量が多いのが特徴です。

飲みごたえがありますが、軟水に比べてやや鉄のような独特の風味があります。
また、食器を洗うときに使うと水分中に含まれるミネラルが残留しやすく、水垢の原因になります。
飲料水としては日本人の身体に合っているとは言えず、身体に吸収されずにそのまま排出されてしまうため、トイレが近くなったりお腹を崩してしまったり、汗が出やすくなりますので水分補給として飲むのには向きません。

ただ、豊富なミネラルによる栄養補給の為、便秘解消目的で愛飲されている人も多くいます。
これらの特性は軟水に比べて浸透力が低いための物といえるでしょう。

料理に独特の風味を与えてしまう為、繊細な味付けの和食にはあまり使われることがありませんが、煮崩れがし難く、煮物の仕上がりがきれいになるというメリットもあります。

これらの特徴から、常飲、常用に向くのは軟水といえます。
販売されているミネラルウォーターの多くが軟水であることからも、軟水の需要が高いといえますね。

もちろん硬水にもメリットがありますので、その特製を上手く利用する事で活かす事ができます。
ウォーターサーバーの水は軟水と硬水どちらも選ぶことができますので、 それぞれのメリットデメリットを比べて、使用用途に向いた水を選ぶと良いでしょう。